読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈良旅×生活

奈良旅のこと、奈良生活のこと。

「好きだからです」

お店をやっていたり何か作っていたりすると取材される機会も多いのですが、

「なぜこれをしているのですか?」と聞かれるときに「好きだからです」と回答すると、全然納得していただけないんだなあと思うことが多いです。

以前も書いたり言ったりしたことがあると思うんですが「どうして奈良が好きなんですか?」という質問って何十回も聞かれています。が本当に回答が難しいです。私という人間が育っていった環境、人格形成に及ぶところまで戻った上で、色々な要員が複合的に絡み合って、奈良という場所に惹かれるんですよ。とかいって、軽い気持ちで聞いた記者の方にそんな人生を語られても、ですしね。

私も何冊か本を作ってきていますが、取材先の方の「好きだからです」という気持ちって凄くわかるんですよ。だから、取材させていただいた方がそう言うなら、私はそう書かせてもらっているんですが、個人の本では許されても新聞や雑誌やテレビでは許されないところがあるんでしょうね。

「好き」って伝わりにくいものなんだな、と取材を受けるたびに思います。それをしている理由が欲しいのはわかるのですが、愛だけではダメなのね。何か大義名分が欲しいのでしょう。愛って何でしょう。って言われたら、説明しにくいことではあります。自分の中から湧き上がる、説明のつかない何かなんですよね。(結局説明できない)

たとえば、私の場合、奈良に特化したことをしていることが多いので「まちおこし」的なことをよく言われます。盛り上げるためにやっている、と言って欲しいという方も多く感じます。だがしかし、まちおこしや盛り上げるという言葉は私にとっては地雷です。(笑)

好きなことを楽しくやっていたら、人が来ると私は信じてます。でもそれは簡単なことではないということもわかってます。でも、そうあって欲しいと、わたしが願っているということです。

お客さんが来るために「仕掛ける」とか、「誘客」とか、そんな言葉を使っていろんな企画をするのではなくて、「好きだから」「楽しいから」という気持ちが最初にあって欲しいんです。主催者は何かをするときにそう思っていて欲しいんです。これはただの奈良好きの願いです。

 

好きだから楽しいから。いろんな人に知ってもらいたい、楽しんでもらいたい。

そんな気持ちをもって、いろいろなことをしていきたいと思っています。私もまだまだ知らないことばかりですが、自分のこれまでの経験を踏まえた上で、ひとに伝えられることを伝えていけたらと思ってます。